読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LYE の League of Legends メモ

League of Legends プロリーグ LCS の解説を翻訳したり、同作や MOBA ジャンルで使われる英語を説明したりする予定。

2016 NA LCS Spring Split: REN vs NRG Week 1 Day 2 解説翻訳

ちょっと体調を崩していてチャンピオンシップシリーズの解説を翻訳できなかったのが悔しい... ぼちぼち気になった Spring Split の解説を少しずつ翻訳してみたいと思います。

一発目は第一週二日目の Renegades vs NRG Esports です。

別に Pick & Ban で大きなひねりがあったゲームではなかったのですが、チーム編成を見事に活かした Execution (作戦実行)が大変美しかったので紹介します。

 

選手紹介 

f:id:LYE:20160126171359p:plain

Renegades と NRG Esports はいずれも Spring Split から NA LCS 初登場のチームで、上位に食い込む実力があるとの評判を引っさげてのシーズンスタート。NRG の Impact 選手や Altec 選手は馴染みのある名前ですね。

なお REN の Remi 選手、ちょっとお肌の露出が大きくて試合に集中できないのでできたらジャケットは着たままでお願いしたい(Week 2 の試合で一回ジャケット脱いでた)。

チーム編成

f:id:LYE:20160126171354p:plain

以下、解説翻訳

Pick & Ban

NRG 側の Thresh Alistar Ban は REN Support の Remi 選手の得意チャンピオンを潰しにきていますね。ただ Remi 選手は LCS レベルの Support なわけで他のチャンピオンでもちゃんとプレイできるけど。

 

REN は昨日のゲームと同じく Tanky な集団戦向け編成です。
Dr. Mundo と Rek Sai に加えて Rod Of Ages と Seraph's Embrace の整った Ryze も結構 Tanky だし Morgana の Black Shield もあります。

 

NRG は明確に Kite Back Composition(引きながら迎撃する構成)ですね。
ここでの Trundle ピックはいい手ですね、相手の Tank を潰せる Ult もあるし Support Trundle のデフォ、Pillar をスキルレベル Max にする手はスロー効果高いのにクールダウンも短くこの構成で光ります。Kalista が引き撃ちし続ける条件を整えるのにぴったりです。

試合

試合中/後の解説

REN は昨日の試合では Kalista x Alistar のコンボで遠距離から強制的にエンゲージできたけれど今日の構成では Morgana の Dark Binding が当たってさらに Rek Sai がそれに合わせないとエンゲージできない。NRG は相手の構成から敵の狙っているエンゲージを的確に判断して実に見事に Kiting していますね。

 

また Fiora(Impact 選手)のスプリットプッシュも絶妙で REN の望む形でのエンゲージをさせなかったことも大きいと思います。相手に「一人では手に負えない」と思わせることでもう一方では 4 対 3 の状況を作れる。教科書どおりのみごとなゲームだったと思います。

 

試合後のアナリストデスク解説

(Thresh Alistar Ban について)NRG がこの 2 人のチャンピオンを Ban したのは「Remi 選手はこの 2 人のチャンピオンが上手いから」という理由だけではなく、REN のエンゲージを Remi 選手が担っているからそれを潰そう、という意図を持ってされたのだと思います。(ただその後 Dyrus 元選手は「いや、というよりはただ他に Ban するものもないし Remi 選手にフォーカスしぼっとこうか位だったんじゃないかな」とも言ってた)

 

あと Impact 選手がこうして Split Push の脅威として成果を出せたのは良かったですね。SKT で Jax スキンを取ったのは伊達じゃないということで、やっぱりすごい個人スキルの持ち主なわけだし、今日も自分よりレベルが上の Ryze とタイマンで勝つなどハイライトシーンをいくつも作ったわけです。

こういう結果を出せれば、Top Laner として たとえば Maokai でエンゲージを担当する、みたいな仕事からも開放されてより活躍できるんじゃないかなと思います。

 

 

 

以上、簡単にですが解説翻訳。NA サーバー LYEn00b でした。