読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LYE の League of Legends メモ

League of Legends プロリーグ LCS の解説を翻訳したり、同作や MOBA ジャンルで使われる英語を説明したりする予定。

EU LCS Krepo氏がG2選手と話した時「強いチームと戦える体制を整えている」と言ってたという話

今日は解説のつまみ食い翻訳ではなく、ちょっとした小ネタです。

今週からEU LCSはグループ間のチームが対戦することになったわけですが、そんな中でグループ上位同士のカードとなったG2 vs H2Kの試合中、解説担当していたKrepo氏が面白いことを言っていたので紹介します。

f:id:LYE:20170211102708p:plain

発端は、G2が以前のように「レーンで勝ったらそのレーンを圧倒してスノーボールする」という戦術を取らなくなったよね、という話から。この話題になった時、Krepo氏がG2メンバーと先日話をしたと明かし、特にMithy選手からこんな事を聞いたよと言っていました。

曰く、今は「レーンで勝ってレーンの有利を広げる」ことを目的とするのではなく、「レーンで勝てたらどうやってチームの有利を生み出すか」を考えているとのこと。

これについてKrepo氏も、確かに従来のかたちでもEU LCSでは勝てるかもしれないが、国際大会ともなれば相手はBang選手とWolf選手のコンビになったりするわけで、そうそうレーンで勝てるわけではないし、多少有利ができたとしてもそこから何キルも重ねて取れることはない。だから、ただ欧州で強いチームであることよりもより強いチームになることを目指していくならば良い方向性だと思う、と言っていました。Krepo氏は明言していませんでしたが、要するに「格上の相手とも戦える体制を整えている」のだと思います。

今年からMSIとWCSに日本参加枠もできましたし、日本の強豪チームも今後はそういう事を考えていかなくちゃいけないのかもしれませんね。

なおフルセットとなったこの試合も、とにかくオブジェクト重視で進められていました。なるほどそういう狙いがあってのことなのだなと興味深かった。大変見応えのある試合だったと思うので、未視聴ならぜひそんな部分に注目しながら見てみてください。

 

 

以上今年もまだアンランクドで絶賛ARAM専のLYEがお送りしました。